Lotusnut >> Photo >> Travelogue >> LA Disneyland

小諸「りんご」の旅へ・・・

>

一年に一度は「りんご」狩を楽しんでいる。以前は群馬の沼田地方に行っていたのだが、ここ最近は長野県小諸の「松井農園」というりんご園に通っている。年に一回ということもあり、日程的にもいつものルーティンがりそれを守ることで、なんだか恒例化した・楽・し・み・になっている。時系列にそれを紹介しつつ旅日記にしたい。

自宅を出発して1時間
 朝食に立ち寄るのが、名古屋を拠点にする
「コメダ珈琲店」
愛知発祥の
モーニングサービスを受けるのが常だ。


りんご狩り・・・
松井農園という長野の小諸にある農園だ。
自分は数年で山に入り
リンゴをもぎ取る作業には飽きたが、
連れが大好きで
必ずりんご狩りをしないと気が済まぬようだ。


小諸の農園から見える長野の山々の風景だ。
のどかな環境の中で
美味しいリンゴができていることに
感謝です。


リンゴ園へ向かう山道が
リンゴの木でアーチを作って出迎えている。
『さあこれからリンゴ狩りだ」
の雰囲気もバッチリ。
入山の料金を払えば、
もいだリンゴの食べ放題だ。


女房は夢中でりんごをもいでいる。
甘いりんごを探し、お尻を見分けるのが上手だ。
自分はその恩恵に預かり、
ひたすら写真撮影に没頭するのが常だ。


この農園では、リンゴだけではなく、マスカットを始めとする果物や野菜、かぼちゃも売っている。因みに夏はブルベリー農園と化している。


りんご狩りを後にして、
次のターゲットは温泉である。
通常は北軽井沢の「仙ヶ滝温泉」という人があまりいない温泉を贔屓にしている。
近くにはかの有名な「星野温泉」もあるのだが、
あんなに人で混んでる場所なんて興味がない。
静かな風情を好むのだ。


この写真は、一度行ったことのある
 小室の菱野温泉「常磐館」
ケーブルで山を登り隠れ温泉的な良い意味で
ふるびた温泉だった。
囲炉裏のある玄関に、
町の陶芸家の作品が売られていた。


ここは小諸城址の「懐古園」
場内?の蕎麦屋で昼食後寄ってみた。
結構な広さの敷地が公園化されている。
城だけでは物足りなかったのだろうか?
うさぎからフラメンゴなどの
動物や鳥類も飼われていた。
なんでもあり感でちょっと残念かな?


温泉でさっぱりした後は、
決まって長野のもう一つの名産
「そば」を昼食や夕食になる。
通常は軽井沢あたりの蕎麦屋によるのだが、
この時は足を伸ばして、
佐久の「草笛」という店に行ってみた。
食べログでも評価の良い所なので、
一度行ってみたかったのだ。

味はやはり「信州そば」に偽りはなく、
量が他の店と比べると多めだったのが
印象として残っている。
・・・・・

夕方になり
暗くなる前に帰りたい身としては、
どこも寄らずに帰りたいのだが、
いつも土曜日ということもあり、
それでもどこかに寄ってしまうのが常だ。
特にここ藤岡市のSAと共有ゆる「ららん藤岡」
という地元の名産品などを売っている場所だ。
いつもはここで”ハラダ”のラスクを大量に土産として買うのだが、孫ちゃん達と行くと、どうしても併設されている遊園地(小さな子達にはとっても都合のよう簡素な遊具の揃った)でしめとなる。



最後に・・・・・。この一連の行事は既に毎年行われないと、年末を迎えられないものとなっていて、20年近くになるだろうか?また書き忘れたが、北佐久のPAでこの時期になると安く売っている良質の「自然薯」を買って帰り、白米でいただくのも楽しみの一つになっている。二人が健康で暮らしていける間は、止むことは無いだろう。


The End