Lotusnut >> Photo >> Travelogue >> kawagoe

小江戸(川越)を歩く・・・

☆ 城下町「川越」を探索する

川越の街をぶらり・・

「小江戸」と呼ばれる城下町は全国に幾つぐらい存在するのだろう・・・

その中でも、江戸にもっとも近しい「小江戸」埼玉の川越をぶらリ、撮り歩いてきた。下の写真は有名な『時の鐘』を説明的に写したものだ。こういった昔ながらの風情を残した建物があちこち点在するのが「川越」だ。蔵あり、横丁ありの街並みの中に溶け込んでみた。「菓子屋横丁」では、だか電球に引かれて・・駄菓子やを覗くと思わず、いろいろな懐かしい駄菓子をお土産にしてしまった。


川越の有名な物の一つが

「時の鐘」

江戸の面影を多く残す川越のランドマークだ。
下から櫓をのぞいてみたが、なんて事はないただの・・だ。
歴史的な建造物の視点から見ると、
様々な価値があるのだろうが、私にはわかりません。
昔の人々の生き様に思いをはせるぐらいだ。


菓子屋横丁

もう一つの有名な場所。
菓子屋横丁・・・
縁日の露天商のごとく
小さなお菓子屋さんが
軒を並べている。


どこか「江戸」の古きよき時代の
子どもたちの遊びにくれる
「声」が聞こえそうな風情である。


☆ 川越の猫達・・・

猫を見ると写さずに入られない。
バイクの上でポーズをとってくれた。
路地裏のそこかしこに、
可愛い猫たちがいる。
わき目も振らず、去っていった。


建物にちょっと風情のある
うなぎ屋を見つけた。
道とお店の間には小川が流れて
やはり、ちょっと粋だ!


風情のあるお店が並ぶ・・・
どこへ行っても、女性のパワーには勝てません??
今の時代、女性客を獲得できる能力が
商売を繁盛させる秘訣だそうで・・・
店先の二階になぜだか干し柿があった。
布看板の『藍』もちょっと洒落ている


川越の路地。
自転車のリズムでシャッターを切った。


今度は何処にぶらっと行こうか・・・

The End