Lotusnut >> Photo >> Travelogue >> Fujikyu

富士急ハイランド

孫の喜ぶ顔が見たい・・・

孫のため?に
大人6人を引き連れてやってまいりました。
もう可愛い「孫」の喜ぶ顔が見たい。
ただそれだけです。
それだけなんです。


エイジドが効いた建物あり、
ロマンのある建物ありで、
遊具のみでなく街並みの再現も見せる
アトラクションになっている。


富士山を背にボートアトラクションの全景。
手前にはファミリーで楽しめる
3人乗りの足漕ぎボート絵になる風景だった。


2歳の孫には安全なアトラクション
「トーマスの機関車」
まだまだ「フジヤマ」並みのコースターには
年数がかかりますよ!


最近は「メリーゴーランド」
並みのアトラクションには、
おや同伴で乗れることに嬉しいようだ。
小さな公園に設置してあるスプリング付きの動物を
またがる遊具より少し成長したね。


乗りはしなかったが、
全景を広角レンズで撮るとフォトジェニックで
立派な造形物になる。
逆光で撮ることで迫力が出ているだろう!


ショーウィンドーを眺めるのも、
楽しいことだ。
日常的でない風景は撮影意欲を掻き立てる。
NDフィルターを持っていないので、
写り込みを調整することが難しい。


土産物屋も洒落た建物が並ぶ、
写真撮影にはもってこいの被写体だ。


おしゃれなアメ車の花壇?
なのかこんな演出がお気に入りだ。


ただ今休止中の「フジヤマ」
写真を撮るだけで、脚がすくむ・・・
そんな壮大なアトラクションだった。


最後はワインならぬ
孫の好きなお買い物を
済ませて帰路についた。


帰ってきて、いく日か後に富士急での事故?を知った。数日後の事故の前にも数件同様な「不具合?による事故」があった模様で、そんな記事を考え深くながめていた。まあ!コースター系のアトラクションには乗っていなかったので、特にヒヤヒヤ感は無かったのだが、これからの富士急の安全対策を万全にして、孫が大きくなった時には安心感を持って「Fujiyama」でも「ドドンパ」でも乗れるようにしてもらいたいと願っている。


The End